Blogブログ

BOUQUETの最新情報を発信いたします

ストレートアイロンを使うメリット

暑くなってくると完全に何もかも放棄したくなる性格です

こんにちは、小林です

今回は<ストレートアイロンを使うメリット>を紹介していきます

決してストレートアイロンをゲキ押ししている訳ではないですよ、とゆう事をご理解の上ご覧ください

ストレートアイロンを使うと髪がまっすぐになるんじゃない?と思いがちですが、それ以外にできるスタイルやストレートアイロンだから良かった!とゆうメリットを書いていきます

まず5つのメリットを紹介していきます

  1. くせがのばせてツヤを出せる
  2. カールがつけられる
  3. 根元から使うことができる(根元のボリュームup)
  4. 前髪に最適
  5. ウェーブスタイルが簡単にできる

 

ストレートアイロンはまっすぐにするだけじゃなく、こんなにも使い道があるんです

 

ではそれぞれ使い方を解説していきますので、上記で気になった方や試してみたい方はぜひ簡単に出来るのでやってみてください

  1. くせがのばせてツヤを出せる・・・これは通常のストレートアイロンの使い方ですね。大切なのは温度設定。あまり高温にしす着ないことがポイントです
  2. カールがつけられる・・・毛先にカールをつけることができます。ストレートアイロンを折るようなイメージでゆっくり動かしながらストレートアイロンで丸みを作ってみてください
  3. 根元から使うことができる(根元のボリュームup)・・・カールアイロンは髪にあてるところは持つことができません。それに比べ、ストレートアイロンは熱がある場所を持ってもさほど熱くありません。それを利用したスタイリング方法です。まずボリュームを出したい根元付近の毛束を持ちストレートアイロンで挟みます。そこを折るように曲げていきます。この時もアイロンの温度は100℃くらいの設定でやっていきましょう
  4. 前髪に最適・・・これは試している方は多いと思います。上記の使い方と同じようにアイロンで前髪を折り曲げるようにしてふんわりした前髪を作ることができます
  5. ウェーブスタイルが簡単にできる・・・応用編ですがウェーブスタイルもできます。これも髪を折り曲げて使うのですが、髪の中間や根元からストレートアイロンで挟んで内巻き、外巻き・・とゆっくり繰り返し徐々に毛先にむかって折り曲げる感じでやってみてください。この時もアイロンの温度は低めで。ポイントはゆっくり、表面からやっていくことです。ボリュームを調整するために髪の表面からしていく事をおすすめしています

いかがでしょうか?

 

こんな感じでストレートアイロンを使うことができますし、メリットはたくさんあります

特に使いやすいと感じるところはやはり、カールアイロンより可動域が広いところでしょう

アイロン部分を持つことができるので、そこもストレートアイロンのいいところです

前髪にカールアイロンを当てるときに、おでこにあたって「熱っ!!」ってなった時はありませんか?
そんなストレスをかかえることもなくストレートアイロンは使えますので、これもひとつのメリットですね

 

ぜひ試してみて、こんな感じでつかってもいいんだ!とゆうところを実感してみてください!

 

では

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

OPEN

 

11:00~21:00(week day)

 

13:00~22:00(Friday)

 

10:00~20:00(Saturday)

 

10:00~19:00(Sunday&Public holiday)

 

CLOSE

 

Tuesday &。。。