Blogブログ

BOUQUETの最新情報を発信いたします

クマの改善方法と対処の仕方

スマホで連絡していると漢字とか電話番号を忘れてしまうよね・・・・って、記憶力がなくなってきている事をひた隠しにしています

どうも小林です

さて寒い日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか・・

1月も早くも後半戦です。。。いや、終盤です

まだまだ寒さは続きそうですが、コロナさんも威力は衰えてないようです・・(早く終息してほしい)

相変わらずマスクの着用は必須ですが・・・

そんな中、女性は「マスクしているとメイクをしなくなった・・・」とゆう事をよく耳にするようになりました

あわせてリップや他のメイク用品の需要が減ったので、その業界では売り上げもかなり落ち込んだようです

 

この「マスクをしないからメイクもしない」とゆう流れは、今後も続きそうです

マスクの重要性がわかってしまった昨今

ここからどう自分の顔やメイクと向き合うのか・・・・なかなかの課題になってきそうです

 

とはいえ、アイメイクはまだまだ需要がありそうで、リップをしないけど眉にかける時間を確保できた!とゆう方も少なく無いはずです

 

とゆうことは、マスク以外の出ているところには需要がありそうですね・・・

なので、目や眉、まつげ、クマ、はまだまだ直しどころがあると思います

とゆうことで、今回は女性の大敵クマについて書いていこうと思います

男性もクマ問題は気にしないといけませんね

 

まず、クマはなぜ出来てしまうのか・・・

原因を見つけそこから改善方法が見つかるかもしれませんので、簡単に紹介します

  • 青クマ・・・血行不良、睡眠不足などが原因(血行がいいときに目立たなくなるのが特徴)
  • 茶クマ・・・メラニン色素の沈着が原因(横に引っ張ったとき、茶色い部分が皮膚と一緒に動くのが特徴)
  • 黒クマ・・・加齢や紫外線での皮膚のたるみが原因(体を仰向けにしたとき、クマが目立たなくなるのが特徴)

 

多くはこの3つにわけられると思いますが、次はそれぞれ改善方法をご紹介します

  • 青クマ・・・マッサージや蒸しタオルなので血行を良くしてあげること、睡眠をしっかりとり適度な運動も心がけましょう
  • 茶クマ・・・洗顔、メイクを落とす時のゴシゴシなど目元に刺激を与えないこと、美容液や美容原液()などでメラニンの生成を抑えましょう
  • 黒クマ・・・目元のハリを改善する美容液や美容原液(植物性コラーゲン)を使ったり、目元の筋肉を鍛えるトレーニングなどを取り入れましょう

 

自分のクマの種類を判断し、自宅で簡単に、そして継続していける方法を見つけて実践していきましょう!!

 

そしてここからは

クマをなるべく隠していくメイク用品をそれぞれ紹介します

  • 青クマ・・・オレンジ系のコンシーラー(1)
  • 茶クマ・・・イエロー系のコンシーラー(2)
  • 黒クマ・・・ピンク系のコンシーラー(3)

 

それぞれの特徴は・・・

  1. オレンジ系のコンシーラーは、青の補色ですので透明感などを出してくれるアイテムです
  2. イエロー系のコンシーラーは、茶色のベースを自然に明るくしてくれるアイテムです
  3. ピンク系のコンシーラーは、血色をよく見せてくれるアイテムで若々しさを演出してくれます

いかがでしたか??

 

これからも続くマスク時代

目元だけでも見えてしまうのは必至です

改善方法を生活習慣に取り入れ、しっかり未来の自分の肌をいたわっていきましょう

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

OPEN

 

11:00~21:00(week day)

 

13:00~22:00(Friday)

 

10:00~20:00(Saturday)

 

10:00~19:00(Sunday&Public holiday)

 

CLOSE

 

Tuesday &。。。