Blogブログ

BOUQUETの最新情報を発信いたします

イヤリングカラーってご存知ですか?

赤がお似合いですね、とよく言われますが、内心おじいちゃんに近づいてきたのかな、と少し危機感を覚えています

小林です

今回はカラーリングについて書いていこうと思います

 

この半年くらいで急激に需要を伸ばしているのが、カラーリングです

もちろんカラーリングの需要はこの半年だけではなく、年々増加していますが、今回のお話は<遊びのあるデザインカラー>とゆうことで書いていこうと思います

 

それが<イヤリングカラー

ブリーチをされるお客様が増え、一般的にブリーチに対する抵抗が少なくなったのも一つ大きな要因だと思いますが、それも含めブリーチのお手入れや、デザインによって手軽に、かつダメージもそこそこ気にしないでできる、とゆうところも挙げられます

今まではブリーチをする時は、全体に、もしくはハイライトやメッシュなどで<傷んでいる><綺麗じゃない><派手>とゆう、いわゆる良い印象が無かったです

 

しかし興味はある、とゆう方もいらっしゃいます

カラーリングをする上で「ハイトーンだけど綺麗に見せたい」「明るいけど落ち着いた印象にしたい」「透明感が欲しい」「黒っぽいけど重たく無い印象に・・・」など

 

そんなカラーリングやブリーチに興味はあるけど抵抗がある、とゆう方にオススメなのが<イヤリングカラー>なんです

 

 

イヤリングカラーとは・・・

耳(両方、片方どちらでも)の近くにカラーリングをします、この時全体のカラーリングとは違う色や明るさを選択し区別をつけ、耳にかけたときに見え隠れするインナーカラーの一種です

簡単にいうと「耳周りだけ入れるカラー」です #最初からそう言って

 

このイヤリングカラーは、自宅でもできますし、ダメージも少ないので人気急上昇です(さらにはお手入れが簡単)

ハイトーン(明るい色)やビビットな色(例、レッド、ブルー、バイオレットなど)になると、ブリーチが必要になりますので、この場合は美容室に行って相談しましょう

ビビットな色は、黒い髪に色をつけても黒が勝ってしまうので、まずはベースの明るさを出す必要がある、とゆうことです

ブリーチをして後に明るくなった髪にさらに色味をのせていきます

注意:自宅では他の髪に付かないようにしっかり取り分けて塗布していきましょう!

 

このイヤリングカラーは、バレないカラーとしても需要があります

コロナで会社に行かない、zoom会議はあるけど髪は変化させたいなどの場合には、このイヤリングカラーは隠せてバレにくいので、こういった方にも需要はあるみたいです

「こんな時だからこそ、遊び心を持って、ヘアスタイルを楽しみましょう!」

いろんなバリエーションを楽しめるインナーカラーの一種<イヤリングカラー>

ぜひお試しください

 

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

OPEN

 

11:00~21:00(week day)

 

13:00~22:00(Friday)

 

10:00~20:00(Saturday)

 

10:00~19:00(Sunday&Public holiday)

 

CLOSE

 

Tuesday &。。。