Blogブログ

BOUQUETの最新情報を発信いたします

ドライヤーは熱より風の力を利用しよう

寒い日が続きますね

そんな時は熱燗です

お正月からお酒の量が一向に減らない小林です#控えます

 

さて今回はドライヤーの風をうまく使い分けよう!!

とゆうことで書いていこうと思います

 

くるくるドライヤーを使おう!!!

「え?!古くない?」と思われる方も多いかもしれませんが、くるくるドライヤーの存在は知ってますか?

言葉を変えるとカールドライヤーですね#急にカッコよくなる

 

最近だと<ダイソン>から、air wrap  (エアラップ)とゆうものが出てますね

CMでもご覧になった方もいらっしゃると思います(風で髪がくるくる〜って巻かれる、あれです)

「風の力で髪に形をつける」とゆうのがこの商品の特徴で、ブラシもついて、さらにはストレートにもできるという優れものです

ダイソンのCMで見ると「カールしかつけれないんじゃないか?」「ヘアアイロンか?」そんな感じに見えてしまいますが・・・

 

さて、なぜ今くるくるドライヤーなのか・・・

BOUQUETでは使っていませんがw・・小林、個人的にオススメです

 

最近ではドライヤーも<熱で乾かすより風で乾かす>とゆう方向にシフトしています(最近と言うほどでもないですが・・)

これはダメージに配慮した設計になっているからだと思っていますが(まさか温暖化の影響とかではないだろう)、この<風の力>が今回のくるくるドライヤーをおすすめする理由です

 

さてさて・・・ここからヘアアイロンの話になりますが・・・

ヘアアイロンはひと昔に比べ、ほとんどの方が持っている商品になりましたよね

簡単にカールがつくし、寝癖も治るし、時短には最適な商品ですよね。そしてさほどお高くない・・これ大切ですよね〜

ただ反面、ダメージが気になる、とゆう声も多くなりました

そして今キーワードは<髪質改善>

つまりダメージやトリートメントに興味を持つ人が増えたんです

 

ホームケアにおいて、ヘアアイロンでのダメージのしやすさは群を抜いていると言っても過言ではないと思います

高温で直接髪にあたるので、ケアしてあげないとダメージは起きてしまうのはわかってることなんですが、便利なのでついつい使ってしまいますよね#だって寝癖は一発で治るし

ヘアアイロンはとても便利ですが、ダメージを伴いやすいのがデメリットです

 

そこで、くるくるドライヤーです

くるくるドライヤーは髪に直接当たることもないですし、風の力なのでダメージはヘアアイロンより格段に低いです

そしてなにより簡単

熱くないし形もすぐつかないのでコツをつかめばヘアアイロンと同様の仕上がりを再現できます

デメリットは、カール感は弱いのと時間、手間が少しかかる、といったところでしょうか・・・

風の力で髪の形は変えられるんですが、ポイントは一度軽くぬらす、もしくは水分量がある時に使うとゆうことです

ダメージをさせない!とゆうことは、なによりのメリットなので、時間や手間をかけてでもくるくるドライヤーを使うとゆうことはある意味美意識高いなと思っています

 

ヘアアイロンと同様、下を向いてくるくるドライヤーをしてみてください!カールがつきやすくふんわり仕上がると思いますよ!!

流行りの外ハネもくるくるドライヤーなら簡単に根元のボリュームを抑えながら毛先を動かすこともできます!ぜひやってみてくださいね!!

では!!

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

OPEN

 

11:00~21:00(week day)

 

13:00~22:00(Friday)

 

10:00~20:00(Saturday)

 

10:00~19:00(Sunday&Public holiday)

 

CLOSE

 

Tuesday &。。。