Blogブログ

BOUQUETの最新情報を発信いたします

美容室のキャッチフレーズ、何がいいですか?

先日、個人的なTwitterでこんなことをアンケートしてみました(小林の)

 

<美容室のキャッチフレーズ、貴方は何に魅力を感じますか?>

とゆう質問

✳️アットホームな・・・

✳️クリエイティブ集団が・・・

✳️高級感(ラグジュアリー)な・・・

 

こんな3択でやってみましたが、皆さんはいかがですか?

 

なぜこれをやってみようかと思ったのかをお伝えしますと・・・(誰も聞きたくは無い)

最近<アットホーム>って聞かなくなったなーと、ふと思いまして・・・(ただそれだけなんですが笑)

 

個人的に<アットホームの感じ>ってどこか抽象的で、世界としては狭いのか?なんて考えたりしてましたが、まあここは<美容室のキャッチフレーズ>とゆうことなんで、かなり限定した質問だったんですが・・・

 

とは逆に、高級感(ラグジュアリー)な・・・とゆうのも選択肢に入れてみましたが、これに関しては票を集めなかったので、これはこれで参考にしたいなと思いました

 

そして『クリエイティブ集団が・・』とゆう選択肢は、個人的にですが、すぐ思い立ったので入れてみたんですが・・・

結果、高級感よりクリエイティブ集団の方が選択されていました

 

ん・・・とゆうことは?

 

もしかしたら、今美容室に高級感はいらない?

いやいや、そもそもお客様は『美容室』とゆうお店単位で選んでいない?

気に入っている美容師、いつもお願いしている美容師、何にも言わなくてもわかってくれる美容師。。。

つまり<美容室>ではなく<美容師>で選ぶ??

一昔は、表参道の大きな美容室で有名でいっぱい店舗があるところにいけば、間違いない!なんてゆう時代があったような、なかったような。。

これは美容師にも言えることですが、一昔は青山、表参道の美容室に憧れて、そこにいけば間違いなく売れる=給料が良いなんていう夢を持って上京してきた人も少なく無いと思います(自分もその一人です)

 

 

だけど、今は

『コロナで髪を切りたいけど、電車に乗るのも嫌だし、長距離移動は感染してしまうかもしれないから近くの美容室に・・・』

とゆう方も多かったと思いますが、そういった時に<いつも行ってる美容室>を変えることはすぐにできますが、<いつも担当してくれる美容師>をすぐに変えることにはすごくパワーを使いますし、さらに不安(ストレス)も少なからずかかってしまう

 

こんなこともありBOUQUETでは、美容室に行くのを少し待ってくれたり、やっぱり貴方じゃないと・・と言ってくれたりと本当にありがたいお言葉をいただきました

 

話は戻りますが。。そもそもクリエイティブ集団とはなんぞやと思いますが、ここは<上手な人の集まり>とでも解釈していただけたらと思います(勝手ながら)

美容師にとってもお客様にとっても技術は本当に大切だし、そしてプラス<アットホームな>感じが抽象的だけど少なからず今は必要だと、再確認させていただきました

 

勝手ながらそんな解釈をしておりますが、最後まで読んでいただきありがとうございます

 

ではまた

 

 

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

OPEN

 

11:00~21:00(week day)

 

13:00~22:00(Friday)

 

10:00~20:00(Saturday)

 

10:00~19:00(Sunday&Public holiday)

 

CLOSE

 

Tuesday &。。。