Blogブログ

BOUQUETの最新情報を発信いたします

カラーやパーマも大切だけどカットで髪質を変えられるってご存知ですか?

カラーやパーマ、そしてカット、あなたはどれくらいの頻度でしていますか?

 

今日はカラーやパーマの時間やクオリティーより、さらにカットの技術が大切。とゆうお話

 

カラーやパーマなどの薬剤を使用し施術する作業は、とても慎重にやっていきます

希望にあった色、希望にあった形(シルエット)、ハイライトや最近ではインナーカラー、パーマではニュアンスを作り出す・・

これらの施術は、薬剤の知識や技術が大切です

そして、もっとも慎重になるのが、ダメージをなるべく最小限に抑え、希望のスタイルにそえるか、とゆう事

髪質をみて判断し薬剤を決め施術を行っていきます

 

ここまでは通常通りの事かもしれません(※BOUQUETでは、パーマやカラーを施術する場合工程を1つ、もしくは2つ増やしております、とゆうのもダメージをさせないとゆう事を考え施術工程を増やしております)

 

・・・ですが、今回は、カットが大切と言うお話なのでここから本題に

 

カットは髪の状態を良くする事もできる、という事はご存知ですか?

カットして軽くなりすぎて傷んでしまった、カットしたら枝毛が気になるようになった、カットしたら余計なボリューム出るようになった。。。などなど

こんなお悩みを聞いた事があります

 

そうです!良くするも、悪くするも、まさにカット次第なんです

悪いカットをしてしまったがゆえ、カラーもパーマもどんな良い技術で施術してもやはり<ダメ>なのです

 

例えば、ハイライトでここをポイントにカラーをいれ、デザインをしていくとします

その時に、カットのベースがしっかりできていないと、ハイライトのデザインが無視されてしまい狙い通りに行きません

これでは、もちろんご希望のスタイルにも近づきません

 

パーマで例えると、カールの出したい場所、ボリュームを出したい、もしくは抑えたい場所がスタイルごとに変わってきますが、カットでベースがしっかり出来上がっていないと、計算通りのカールやボリュームを出す事は出来ません

 

カットでしっかりデザインされたものこそ、パーマやカラーを演出してくれるのです

これは間違いないです

 

お客様にとっては、カットの技術はなかなかわからないものですが、カットだけでサロンにいきその後1ヶ月経過してもスタイリングしやすい!とゆうところが判断基準になるかもしれませんね

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

OPEN

 

11:00~21:00(week day)

 

13:00~22:00(Friday)

 

10:00~20:00(Saturday)

 

10:00~19:00(Sunday&Public holiday)

 

CLOSE

 

Tuesday &。。。