Blogブログ

BOUQUETの最新情報を発信いたします

髪は『自宅でのやりやすさより、どう見られているか』が大切?

自分の髪の毛で一番気になっているところは、どこですか、とゆう質問をツイッターでしてみました

アンケート継続中ですので、まだ投票結果は出ておりませんが、こちらも投票が多いわけでもないのですが、参考にさせていただく糧としてさせていただいております

 

今のところ髪の広がりやクセが気になる・・とゆう方が多いみたいです

これはわりと素直に考えて、今の流行を少なからず表しているのかなーなんて思ったりもしてます

最近では、外ハネスタイルや、スタイリング剤はツヤの出るもの、シアバターやしっとり感のあるオイル、またはウェット感の出るオイルなどが質感的に人気

とゆうことは、やはり皆さん髪のツヤや収まりが今一番スタイル的にも、髪質的にも気になっている・・・と解釈してもいいのかなと思います

 

しかし、意外なのが髪の量はさほど気にならない・・とゆうところ

髪の量よりも髪の収まりが大切なんだなと・・・本当に意外でした

 

日本人やアジア人(ひとくくりにしてしまうのもいけないのかも・・・)は、良い言い方ではありませんが、欧米、欧州の方よりかは頭の形が良くない、と言われます

一般的には、<絶壁>や<奥行きがない>なんて言われたりもします

僕らの仕事は髪を切って、デザインすることですが、その中には<頭の形>とゆうものがデザインするにあたって、とても大切なことです

つまり<頭の形>を考えながら、長さを残したり長さを短く設定したりしています・・これがいわゆるベースカットです

そこから<髪の量>を生え方やクセに注意しながらカットしていきます・・こらがいわゆるドライカットや毛量調整と言われます

頭の形、骨格がデザインに左右されてしまうなら、余計髪の量を調節しなければいけないことになります

まあながながと美容理論を語っていても、なんじゃ?と思ってしまうので、ここらへんでまた話を戻します

 

今回のアンケートで髪の表面(クセや広がり、そして前髪)はきになるけど、髪の量は気にならないとゆうことは・・・・・

やはり、『やりやすさよりどう見られているか』が大切にしているところなんだなと・・・・・

一概には言えませんが、今回も参考にさせていただき、また自分の解釈と違うところを自分なりに落とし込んでいきたいです

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。